ミャンマー法を調査いたします

ミャンマーは,長らく続いた軍事政権の鎖国状態から脱し,現在,経済進出の対象として注目の的となっています。

私は,ミャンマーブームになる前から同国に着目し,何度か現地を訪れて法律書を買い集めて主要法規を読み込み,また,ジェトロ(日本)とも情報交換をしてきました。

特に,1954年に編纂され,現在では絶版とされていて入手困難な『ビルマ法典』(『ミャンマー法典』)を現地で購入していますので,古い法律についても調査可能です。不動産関係法や,民法,会社法,民事訴訟法といった基本重要法規には,いまだに改訂されていないものも多く,『ビルマ法典』の重要性は失われていません。もちろん,新しい法律の調査にも対応可能です。

同国の法制度や法律の内容の調査を希望される方は,お声掛け下さい。

主要論文
「ミャンマー会社法概観」(『国際商事法務』Vol.40,No5)
「ミャンマー労働機関法概観」(『国際商事法務』Vol.40,No8)
「ミャンマービジネスにかかわる刑事問題」(『The lawyers』2013年8月号)
主要講演
「ミャンマーのビジネス関連法規解説」(金融ファクシミリ新聞社)
「ミャンマーのビジネス関連法規」(経営調査研究会)